一般社団法人ハンズハンズ

 今月13日に、「24時間テレビ愛は地球を救う」で中京テレビ放送株式会社に寄せられた募金によって贈られる「福祉車両」の贈呈式が、名古屋の中京テレビ本社で行われました。ハンズハンズからは、理事長と職員代表1名が出席し、目録をいただいてきました。東海三県では、24の施設や個人に贈られました、今年度は全国で350台の贈呈となり、これまでの42年間では、11,000台以上が贈られたとのことです。職員も利用者さんも、納車を本当に楽しみにしています。


いよいよ寒さも本番になってきましたね。

結リンクの今月のレクリエーションは、

バレンタインデーのお菓子作りです!


13日のレク当日に

作ったお菓子をおいしくいただくため、

前日の12日からお菓子作りを開始しました。


自分の分と、ご家族へのプレゼント分とを作ります。

2種類のお菓子を、

2グループに分けて作製しました。



こちらは、ナッツやマシュマロの入った

「チョコバー」です。

チョコレートを溶かしましょう!



チョコレートやマシュマロなど、

細かく刻んでいます。

包丁やハサミは慎重に!



こちらは、「チョコレートのパウンドケーキ」です。

材料を測って、混ぜていきましょう!



フワっと焼きあがるように、

さっくり混ぜてくださいね。

美味しく出来ますように~と想いを込めて。



こんなに美味しそうなお菓子が出来ました!

13日は、まずプレゼント用のお菓子を

ラッピングして、メッセージを添えました。



プレゼントが用意できたので、

さて今度は自分たちが食べる番!

美味しく出来たかな~?



うん!とっても美味しい~。

自分で作ったお菓子は格別ですね!

大切な人へのプレゼントも用意出来たし、

味も完璧!

早く渡したいですねー。

笑顔で食べてくれるといいですね。(安江)

結リンクでは、利用者さんたちが作った作品を産業文化センターで行われている「ありのまま展」に出品しました。

全員協力して作った「季節の作品」をはじめ、一人一人が頑張って作った「フェルト作品」、「ミサンガ」、「ビーズ作品」等がきれいに飾られていました。

また、同時に物品の販売もあり、ハンズハンズからは、福祉フェスティバルや各務原特別支援学校文化祭にも出品した多肉植物アレンジ、プラスチック籠、虹染めハンカチ、朝採れ野菜等が並びました。

ありのまま展 1月15日(水)~22日(水) 10:00~15:00

                会場:産業文化センター1階 

ぜひ、作品をご覧ください。

本日の午前中、地域の皆さん及び保護者、ご家族の皆さんをお招きして施設を公開する「あくしゅのかい」を開催しました。地域からは、那加西民生児童委員会協議会から16名の皆さんにおいでいただきました。保護者やご家族の方にも多くの方にご参加いただきました。施設概要や活動の様子をパワーポイントを使ってご覧いただいた後、体操の体験、就労継続支援の作業見学等もしていただきました。会の最後には、たくさんの質問やご意見、ご感想を述べていただき、終了しました。多くの励ましの声をかけていただきました。職員一同感謝申し上げます。これからも地域で育つ施設を目指します。

 施設内の壁面を毎回楽しいものにしてくれる、結リンクの「きせつのさくひん」が完成し掲示されました。今年は残暑が厳しく、暑い日が続いていますが、朝は少しずつ秋の気配が感じられるようになってきました。

 結リンクの皆さんが今回作成してくれた作品は、秋を強く感じられるものに仕上がりました。心地よいメロディーを聞きながら、たくさんのドングリたちが、笑顔で踊りだす場面を創り出してくれました。見ている私たちも、自然に笑みがこぼれます!

 以前頂いた「ホワイトボード」がありました。様々な利用について検討しましたが、本施設の利用者が、思い切り自由に落書きできるコーナーにしようということになりました。みんなが必ず通るフロアーの壁面に、2枚のホワイトボードを貼りつけ、マーカーも準備しました。設置したその日のうちに早くもボードいっぱいに赤、青、黒の各色を使ったラインや文字、絵が描かれました。写真にあるアンパンマンの顔は、職員によるものです。利用者さん(子供から大人まで)はもちろん、職員も気軽に使える落書きコーナーになるといいと考えています。ホワイトボードマーカーの色も増やし、賑わしくしていきたいものです。

 9月1日(日)に、市民会館を会場にして、「各務原市福祉フェスティバル2019」が盛大に行われました。ハンズハンズも、一つのテントを借り出店しました。結リンクの利用者さんが製作した「多肉植物アレンジ」ポットや「パラコード(小型犬の首輪・飼い主用のブレスレット)」をメインにした作品を販売しました。また、今年新たに結リンクでも取り組んだ、畑作業で収穫できた「野菜」も並べ、多くの方に購入いただきました。

 多肉植物アレンジの半分近くは、各務原特別支援学校の生徒さんが制作した陶器のポットを使わせていただきました。このポットを楽しみにしてくださる市民の方もおられ、どのデザイン、どの色にしようか迷われていました。

 また、パラコード(首輪・ブレスレット)を購入いただいた方が、愛犬に首輪をつけた様子をブログにアップされ知らせてくださいました。出品物が完売したり、うれしい反響が寄せられたりしたりしたことで、障がい者多機能型事業所ハンズハンズの利用者さんの大きな励み、喜びとなりました。これからもいろいろな作品作りに努力していきたいと思います。

 

 

 今週20日(火)に、ハンズハンズの近くにある人気ラーメン店「Nageyari」さんが、ハンズハンズの利用者さんをお店に招き、おいしいラーメンを振る舞ってくださいました。このうれしい取り組みは、Nageyariさんのご厚意で始まったものですが、今回で、5年、11回目を数えます。ハンズハンズ利用者さんと職員合わせて34名が3つのグループに分かれてお店を訪れ、ラーメンやチャーシューご飯をいただきました。お店の4名のスタッフの方々は、額に汗を滲ませながら次々とラーメンを提供してくださいました。目の前に届いたラーメンに目を輝かせ、おいしそうに麺をすすっていました。

 全員が食べ終わってから、代表がお礼の言葉を述べた後、写真や多肉植物をアレンジした鉢植えをプレゼントし、感謝の気持ちを表しました。帰りには、スタッフ方々とハイタッチをして別れました。「来年の春も待ってるよ」とうれしい言葉もかけていただきました。



 梅雨が明け、急に暑くなりましたね。

 今月のレクでは、みんなでかき氷を食べ、夏休憩をしました。

 今回も始まりから終わりまで、みなさんが役割に立候補してくれたので、スムーズに進行できました。

 みんなの前に立ち、堂々と言葉を伝える姿が頼もしいです。聞き手側も姿勢を正して仲間の活躍を見守ります。


 今回は、電動や手動の3台のかき氷機が登場です。みなさん自分の氷を一生懸命けずります♪

できた人からいただきまーす★

 色とりどりのシロップに、一年ぶりの夏の訪れを感じます。

「イチゴが好きー!」「ブルーハワイ一緒!」と夏祭り気分でテンションが上がります。もちろんしっかりおかわりもいただきました♪


 食べ終わったら、新聞紙ジャンケン大会です。

ジャンケンに負けたらドンドン紙が小さくなります。つま先で立ったり、かかとで体を支えたりと、みなさん工夫してバランスを保ちます。


 グラグラして足が新聞紙からはみ出してしまったらアウト!!

熱い戦いの末、この日の優勝者は強運の2人でした。「やったー!!」と歓喜の声があがりました。


 ジャンケンという簡単なゲームでしたが、みんなが参加でき、共に笑顔で過ごせた時間でした。

 これからもお仕事の合間に上手に息抜きをしながら、心身ともに元気で過ごし、暑い夏を乗り切りましょう。 (岩間)

 ハンズハンズ「未来育デイ」では、無償でお貸し頂いている畑を利用し、数年前から栽培活動を行っています。これまでに世話をした野菜等は、タマネギ、ジャガイモ、ピーマン、トマト、スイカ、カボチャ、キュウリ、ナス等、たくさんの種類になりました。未来育デイでは、こうした作物の苗植え、草取り、収穫等の栽培の各作業を通して、自然・土に親しむことを大きな目的にして真剣に取り組んできました。また、収穫した野菜を使って、「夏野菜カレー」を作り、皆で収穫を喜び、おいしく頂いたこともあります。今後も、こうした楽しい活動を取り入れていく予定です。

 今年度は、畑での栽培活動に、「結リンク」のメンバーが加わり、草取りや収穫作業等を行ってきました。先日収穫できたタマネギが予想以上にたくさんであったため、収穫後の土落としや袋詰めという作業を行い、ハンズハンズ施設内に、写真のように「無人販売コーナー」を設けて、販売をはじめました。今年度初めての試みで、手始めにタマネギを販売しました。おかげさまで、利用者さんのご家族をはじめ、ご近所の方々にもご購入いただき、利用者さん、職員一同大変喜んでいます。化学肥料等を一切使用していない畑で育てています。種類によっては、収穫できる量は決して多くありませんが、新鮮なものを準備できればと考えています。ハンズハンズ建物の北側、いちょう通り沿いに設置してあります。どうぞご利用ください。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>

8ページ中1ページ目