一般社団法人ハンズハンズ

1月の工作では紙コップとストローを使って小鳥笛をつくりました。

低学年の子たちは先生のお話をよく聞いて、折り紙や画用紙をのりでペタペタ貼り付けました。

「ぬりぬり、ぺったん♬」と上手に貼ることができました(*^-^*)

ペンで小鳥の目や口なども一緒に描きました。

ストローを笛にするための切込みは少し難しいので職員が作りました。

完成したら、紙コップに少し水を入れます。ストロー笛の先端を水面につけ、ふーっと息を吹き込むと「ピョロロロ」と小さな小鳥のさえずりが聴こえます♬

職員がはじめにお手本を見せて音を聴かせると、みんな上手にまねっこして息をふーっと吹き入れることができました。

音が出たことを喜び、何度も何度もふーっと吹き込む姿がとてもかわいかったです♡


高学年の子には工作の手順が書かれた説明書を渡しました。

仲間と相談しながら「こうじゃない?」「こうかも!」と相談したり教えあったりしながら一生懸命すすめていましたよ( *´艸`)

高学年の子たちはストローに切込みを入れるところも挑戦しました。

はさみの刃の先をよーく見て、慎重に切っていましたよ☆

完成したら一人ずつ音を鳴らしてもらいました♪

とっても簡単な小鳥笛、ご自宅でもぜひ遊んでみてくださいね(#^.^#)(土屋)


タイトル :
名前 :
URL :

トラックバックURL